水分補給

便を我慢しない事で便秘解消になるの?

便秘と言う問題を抱えている日本人は現在でも多く存在するのですが、そのような方々のほとんどは食生活の乱れや運動不足が原因だと考えています。
ですから便秘解消方法の1つとしてはまずそれらを改善することが必要になってきます。
もちろん上記のような要因も便秘を引き起こす理由に相応しいのですが、普段日常生活を送っている中でも便秘の原因に当たる行動を起こしている危険性が有るのです。
仕事や学校等で急に便意を感じたとき、恥ずかしい為に誰でも我慢をして時間を過ごすのが当然のようになっているのですが、実は便を我慢する事によって便秘問題に直面する事は少なくないのです。

どうして便を我慢すれば便秘になるのか、と説明しますと、便意とは脳から伝達された信号によって感じてしまうのです。
脳が排便を促進する信号を体内に伝える事によって便意と判断できるのですが、それを我慢してしまえば必然的に信号を消してしまう事になるのです。
このように脳からの信号を遮断する事によって便意を察知する神経の働きが鈍くなってしまい、しまいには直腸に便が到達している時点でも便意を伝える事が出来なくなってしまうのです。

更に、便を我慢する事によって便意を伝達する神経が活動しないだけでは無く、腸内に便が溜まってしまうのです。
そうなれば自然に体内の水分量も失われてしまい、最終的には便が固まってしまって排便が非常に困難になるのです。
便秘の方の中でも、久しぶりにお通じが有ったのに凄く痛みを感じた、と言う方が多く見受けられるのですが、それは便が腸内に溜まりすぎて水分量が追いついていない証拠なのです。
そのようなリスクを回避する為にも便の我慢は禁物であり、便意を感じた際に必ず排便を徹底する必要が有るのです。便秘解消方法として排便を我慢しないことが大切なのです。

これらの事から、便の我慢とは便秘を作る深刻な原因であり、便意を伝える神経を鈍くしてしまうリスクが考えられるのです。
神経が鈍れば腸内に便が溜まって水分量も減ってしまうので負の連鎖が続いてしまう訳なのです。
その事からも、便を我慢しない事が便秘解消方法の重要な手がかりとなるのです。

Copyright(C) 2013 女性の一番の悩みを解消 All Rights Reserved.